フィナステリドは薄毛に対して改善効果を得られますが、もちろん副作用も確認されています。副作用の内容次第で薄毛改善に見合わないリスクを背負っているかもしれないので、AGA治療薬の効果や副作用などの情報を整理してみましょう。

女性の薄毛にはどのように対処するのか?

髪の毛に悩んでいる男性

「髪は女の命」という言葉があるくらい、女性にとって髪はとても大切なものです。
もし薄毛になってしまった場合、大きな不安や悩みとなってしまうでしょう。
女性は時に見た目を気にするので「髪が薄くなったように感じる・・」となった場合は、すぐに対処する事をおすすめします。

女性の場合、まずシャンプーを変えてみる対策法がおすすめです。
洗浄力の高いシャンプーを毎日使い続けてしまうと、頭皮に必要な水分や油分まで洗い流してしまいます。
頭皮の乾燥は抜け毛の原因となるので、薄毛が気になり始めたら洗浄力がマイルドなシャンプーへと変更してみましょう。
アミノ酸系の洗浄成分を使っているシャンプーは、洗浄力があまり高くないので、乾燥による抜け毛が増えている時におすすめです。

また女性用育毛剤でのケアも効果的と言われています。
近年、女性専用の育毛剤が各メーカーから販売されるようになりました。
女性用育毛剤は文字通り、女性の薄毛・抜け毛対策に特化しています。
男性よりも頭皮に刺激を受けやすい女性用という事もあり、刺激の少ない処方で作られている商品が多いようです。
肌が弱く赤みや湿疹などのトラブルが起こらないか不安という方も、女性用育毛剤であれば安心して使えるでしょう。

ただ、育毛剤でケアを始めたからといって、すぐに発毛の効果が現れる訳ではありません。
効果を実感できるまでの間は、ウィッグを楽しんでみてはいかがでしょう。
薄毛が目立たなくなるまでウィッグを着用すれば、見た目を気にする事も少なくなります。
カラーだけでなくヘアスタイルの種類も多いので、ファッションに合わせてウィッグを変えてみるのも良いでしょう。
あまり深刻にならずウィッグも楽しみながら、気長に頭皮・毛髪対策を続ける事をおすすめします。

より本格的に薄毛対策に取り掛かりたいという場合は、病院での治療もおすすめです。
最近は女性用の薄毛治療薬も出回っており、以前に比べ治療が受けやすい環境となっています。

女性に効く薬はあるの?

女性の薄毛に効果的な薬には、日本で発毛効果が認められているものがあります。
この薬は、頭皮の血管を拡張して頭皮に栄養が行き届くように働きかける作用があり、全体的に薄くなる症状が特徴のびまん性脱毛症に効果が期待できます。
また、薄毛でお悩みの方にクリニックで処方されている外用薬には、薄毛治療薬の元祖といわれている薬もあります。
この薬は、血管を拡張するだけではなく、保湿成分も入っていますので健康な頭皮環境を作ることができます。

ただ、日本ではまだ正式に許可がおりていない未承認の医薬品ですから、医師に相談の上で使用します。
ほかにも、男性と女性に関わらず使用でき、髪の毛を元気な状態で保つことができる外用薬もあります。

女性用育毛剤で薄毛に対処する方法もあります。
女性用育毛剤は、胎児や子どもへの影響が不安な妊娠中や授乳中の女性におすすめです。
育毛剤には、髪の毛を生やす効果はありませんが、血行を促進したり皮膚の炎症を抑える有効成分が配合されていますので、今ある髪を元気に抜けにくくすることが可能です。
1日1回から2回、シャンプー後の清潔な頭皮に使用するとより効果が期待できます。
シャンプーの後に使う場合は、髪をしっかり乾かしてから塗布することが大切です。

女性用育毛剤は、ドラッグストアやインターネットなどで気軽に購入可能です。
女性にとって髪はとても大切なものですから、特に見た目が気になる場合はウィッグを活用し、同時に専門的な病院での治療や薄毛治療薬を使用することがおすすめです。
女性の薄毛に効くお薬や育毛剤は、皮膚がかぶれていたり肌の状態が敏感な方は、一度専門の医師に相談の上、効果的に利用することが良いでしょう。

関連記事