フィナステリドは薄毛に対して改善効果を得られますが、もちろん副作用も確認されています。副作用の内容次第で薄毛改善に見合わないリスクを背負っているかもしれないので、AGA治療薬の効果や副作用などの情報を整理してみましょう。

まさか!?頭皮にカビ!?

白癬菌によって、頭皮にもカビが生える事実をご存知でしょうか。
頭皮はデリケートな皮膚の一部ですが、髪の毛が生えているせいか意外におろそかに扱われているようです。
イトラコナゾールやケトコナゾールは真菌抑制力があり、頭皮に芽生えたカビを退治する力を持っています。
最近ではミコナゾールも注目されていますよね。
白癬菌は頑固ですが、症状の強さに合った薬を処方してもらい、速やかな治療を心がけましょう。
各々の薬の成分で副作用もありえるので、しっかり医師や薬剤師に相談し、あきらめないで完治を目指してほしいですね。
生乾きの頭はカビを併発させやすいので、洗髪後はドライヤーで乾かしておくことが肝心ですね。

白癬菌といえば水虫をイメージしてまいますが、水虫はうつり易く、薬も様々出ています。
しかし、一度治ったと油断していると繰り返しやすい皮膚病です。水虫も悪化させると厄介ですね。
爪の水虫などは完治させるにはとても時間がかかると言われていますよね。

頭皮のケアも行き過ぎたシャンプー回数によっても悪化すると言われています。
刺激の少ない無添加のものがふさわしいですが、おしゃれな若者にはデオドラント効果のあるヘアケア商品が人気のようですね。
頭皮にカビが生えると髪の毛の生育にも影響するため、注意が必要ですよね。
一度毛根が死滅すると二度と生え変わりは難しいと言われます。健康な皮膚は健やかな毛髪を意味します。
カビが生える原因をしっかりとつきとめ、生活の習慣を見直すことも心がけましょう。

食べ物や睡眠にも気を配ることで、頭皮トラブルや皮膚炎の悪化を防ぎます。
汗をかきやすい頭だからこそ、常に清潔を心がけ、いつまでも健康でありたいと考えてしまいます。
白髪、抜け毛などのトラブルもカビが影響していることが多いそうです。
皮膚科にはいい薬がありますが、薬屋さんに行って症状を相談されるのもおススメですね。
痒みも要注意信号ですから、しっかり知識を持ってのぞみたいですね。

カビに関する病に効く成分

「頭にできる水虫」とも呼ばれている頭部の白癬(しらくも)はカビの一種が原因による頭皮の皮膚糸状菌(真菌)感染症で、子どもが感染しやすい疾患という特徴があります。
なかでも男児が感染しやすいため、感染する子どものうちその7割以上は男児とされています。
感染経路は接触感染でかかっている人の患部に直に触れると感染し、直に触らなくても患者が使ったタオルや帽子を触っても感染する恐れがあり、水虫になっている足に触った手で頭や髪に触れることでも発症します。
よって白癬菌の好む環境を作らないように衣類をこまめに洗ったり、室内に落ちた髪の毛を放置したりしないよう注意することで予防が図れます。

症状は頭部に若干のかゆみを伴うことや乾燥したうろこ状の発疹、斑状の脱毛またはその両方が生じて頭皮の表面で毛幹が折れてしまったり、フケに似た落屑が生じたり毛幹が頭皮の表面より上で折れて短い毛の切れ端が残ったりします。
これらの治療は基本的に飲み薬で治療を行い処方にはイトラコナゾールが挙げられ、その治療は約2か月から3か月にわたって続けます。
頭部以外にも残っている場合があります。

その場合再発するため医師から「もう服用しなくてもよい」と承諾を得られるまでは、継続的に薬で治療する必要性があります。
またしらくもは外用真菌薬の刺激で炎症が強くなる可能性があるためステロイドなどの塗り薬による治療は避けなければなりませんし、併用することで逆に治りが遅くなるので注意しなければいけません。
またヘアケアで改善を図る場合のシャンプーには、使用されている成分として抗真菌剤としてケトコナゾールやミコナゾール硝酸塩があり、特にミコナゾール硝酸塩は7割から8割程度の真菌を消失させる効果があります。

関連記事